FXをやる上で気を付けるべきこと

FXをやる上で気を付けるべきこと

FXは比較的少額からでも始めることができるため、初心者の方でも始めやすい投資法です。

リターンも大きく見込めますが、それ相応のリスクも当然抱えています。

ここではFXを始める上できをつけておいたほうがいい事柄をいくつかまとめておきます。

今【話題の!!!】
ブレイキングプロジェクト公式HP

レバレッジを理解する

FXは最大25倍のレバレッジをかけることができ、少ない元手で大きな利益をあげることができます。

しかし、その分負けた時の損失が大きくなることもまた理解しておかなくてはなりません。

ギリギリの証拠金で取引をしてしまうと、少しの値動きで強制決済(ロスカット)をくらってしまいます。

FXを始めてすぐは、2倍程度の取引金額で進めて、FXの取引にまず慣れることがおすすめです。

損切りのルールを決める

損切りというのは、強制決済(ロスカット)と同じで、損が生じている場面で決済をしてこれ以上のマイナスを止めることです。

強制決済(ロスカット)はシステムが自動で行うことですが、損切は自らの意思で決済をしないといけないため、知識や意志力が必要になってきます。

そのため、あらかじめ自分なりの損切ルールを設けて、それを守ることを徹底することが大事です。

利益より、損を抑えることを意識する

FXにおいて重要なことは、利益を追い求めるよりも、どうやって損益を抑えるかをしっかりと考えたほうが利益につながります。

FXで大きな利益を狙うということは、それなりにリスクも増えるということを意味します。

どんなベテランの投資家であっても、損失を出さないということは不可能なので、ある程度損失は出るものとし、いかにそれに抑えて利益で上回るかを考えましょう。

確定申告をする

FXで利益が出た場合、確定申告は必要なのでしょうか?

これを知らずにFXをやり続けていると、ある日突然多額の納税通告がくるなんていうこともあるかもしれませんので、きちんと知識をつけておきましょう。

会社員の方ですと、FXでの所得が20万円を超えた場合は必ず確定申告が必要になります。FXで得た利益は「雑所得」として扱われ、所得税15%+地方税の5%の合わせて20%で課税されます。

ちなみにFXを利用する上でかかった通信費や、パソコン代などは経費として申告できます。

投資を始めると確定申告は自分で行うことになりますので、早めに慣れておいたほうがいいですよ。

とはいえFXで利益を出すよりかははるかに簡単ですよ(笑)

今【話題の!!!】
ブレイキングプロジェクト公式HP
TOPページを見る